足付きチェック(^^♪

今年は異様に長かった梅雨ですが、九州・中国四国は昨日、近畿は今日“梅雨明け”が発表されましたネ。
今日で7月も終わり、何となく今年は短い様な気がする“夏本番”がいよいよやってきます。
ちょっと短いかもですが、2020年の夏、色んなコトに気をつけながら楽しんでいきましょう!!

そんな明日の8月1日は、「新型ストリートファイターV4/S」の発売日。
208馬力の圧倒的動力性能を持つ史上最強のストリートファイターモデルでありながら、とにかく乗りやすい、扱い易いというこのバイクは、ベテランの方から免許取り立てのビギナーさんまで幅広くオススメできる1台です(^^♪

そんな新型ストリートファイターV4ですが、1つ、気になるのは「足付き性」ですよネww
カタログデータではシート高845mmと、パニガーレV4よりも高めの数値となっていますので、「かなりキツいのでは?!」と思われている方も多いかと存じます。

そこで、参考までに身長170cmの私・村田が跨った画像を。
(1枚めはメーカー画像です。)
車体を真っ直ぐに起こし、両足を均等に地面に着けた状態です。
さすがに踵(かかと)ベッタリとはなりませんが、両足共に、足指の付け根までシッカリ着きました(^^♪
この位着けば、不安感は少ないですよネww
また、この時に履いていた靴はペタンコなので、ライダーブーツ等を履けばより安心だと感じました。

ドゥカティのバイクは、どのモデルも軽量でスリム。
このストリートファイターV4も、4気筒モデルながらスリムなボディが、この足付き性にも生かされていると思います。

そもそもこのストリートファイター系のジャンルは腰高が普通なのですが、「これなら乗れそう!!」・・・ですヨww
是非気軽にお来しの上、是非ご自身でお確かめ下さいませww

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です